サービス ランジェリー

かぼちゃのお面作りについて

ハロウィンの楽しみといえばなんといっても仮装ですよね。
大人から子どもまで幅広く楽しめる仮装は、1年に1回の楽しみとなっています。
しかしハロウィンの衣装にお金をかけることが難しく、大げさな衣装もできないといった方もいるかも知れません。
そのような場合には、お面だけでもハロウィンイベントやパーティーを楽しむ事ができるでしょう。
最もポピュラーなところでは、かぼちゃのお面が人気となっています。
気軽にハロウィンを楽しみたい方には、お面がおすすめです。
簡単に作れるハロウィンのお面がありますので、紹介しましょう。
お面はつけるのも簡単ですし、手元にある衣装を黒っぽいものにしたりするだけでハロウィンの雰囲気を出すこともできますし、メイクに時間をかける必要もありません。
準備するものは、厚紙や鉛筆、消しゴムに、色鉛筆やマジックとなります。
最初に厚紙で鉛筆に下書きををしておきましょう。
厚紙を横向きにセットすると、そのまま大きく横向きの楕円形でかぼちゃの形をイメージして書いてください。
楕円形がかけたら、今度は、その真中を4つにわけるように十字の印をつけてください。
次に縦の線だけを2本追加して、8つの部分に分けるように印を入れます。
分けた、一番端の縦の線の端っこと端っこが重なるように曲線を書いてください。
ここまでくるとなんだかかぼちゃの形ができてたと思います。
次に真ん中当たりにかぼちゃの蔓を書きます。
ただまっすぐに蔓を書くよりは、斜めに書くとちょっとかぼちゃっぽくなりますよね。
さらに真ん中に顔をかいてかぼちゃのお化けをイメージしてみましょう。
一般的にハロウィンのかぼちゃの目と鼻は▲の形をしています。
口を大きくギザギザにかたどって、お好みで歯を付け加えてもいいかもしれませんね。
下書きをした線をしっかりと主線にして、下書きの線を消しゴムで消してください。
好きな色でペイントすると完成です。
全体がオレンジで、蔓がみどり、目や口などは、黒となっていますが、自分の好きな色でペイントしてもいいでしょう。
完成したら、今度は、お面にしますので、綺麗にかたどってはさみでカットしてください。
目や鼻、口の部分を切り抜くと、ほかの人とおしゃべりをすることができますよ。
お面にするためには、耳にかけるゴムを設置しましょう。
耳の位置を確かめたら、穴を繰り抜いてゴムをしっかりと縛って固定しましょう。
ホッチギスを使用すると、顔を傷つけてしまうこともありますので、注意をしてください。
またテープなどをした場合、途中で汗でテープが剥がれてしまうこともあります。
お面だけでもハロウィンの雰囲気を楽しむことができますので、全く準備ができていない場合には、とりいれてみるといいでしょう。

-サービス, ランジェリー
-, , , ,