ランジェリー

3歳からのジュニアシートはアップリカ・コンビともに1機種のみ

アップリカは コンビと並ぶ国内人気のベビー用品メーカーです

ベストバイに選ばれたのは、コンビのAcbeeシリーズの最新モデル、コンビ「Acbee plus AN」でした。

当初はコンビの「スゴカルα」を購入する予定でしたが、最終的にはアップリカの「ラクーナクッション」を購入しました。

なので、当初重要視していた軽さは断念しました。もし、コンビベビーカーのベルトの装着が簡単だったらコンビにしていたかもしれません。

3歳からのジュニアシートはアップリカ・コンビともに1機種のみ。

コンビとアップリカは、どちらも安全性や使いやすい機能にこだわったベビーカーを発売していますが、2つのメーカーはどのような特徴や違いがあるのでしょうか。

前述の2大日系ブランド(多分)の一つ、コンビ。業界最大手だけあり、トータルバランスが高そうなチャイルドシートという印象を受けました。これは私の母親から聞いた意見ですが、母の子育て当時はコンビの方がスタイリッシュな印象があったようで、チャイルドシートも見る限りすっきりかっこいいデザインに感じます。

アップリカ・コンビともに、新生児からのチャイルドシートは1番種類が多いです。

コンビとアップリカのベビーカーをタイプ別に紹介します。

アップリカとコンビのチャイルドシートは月齢モデルごとに優劣が異なる!

この記事ではアップリカとコンビのチャイルドシートを月齢ごとに比較して優劣をつけました。

コンビが独自開発した「エッグショック」は、卵を3メートルの高さから落としても割れないという柔らかさの超・衝撃吸収素材です。ベビーシートにエッグショックを搭載することで、赤ちゃんに伝わる振動を約3倍も吸収することができます。

コンビの「F2 Limited AF」は、狭い通路や人混みも快適に走行できる注目のベビーカーです。片手で簡単に操作できるワンハンドグリップや、足で軽く踏むだけでON・OFFが切り替えられる左右連動ブレーキなど、ママやパパに嬉しい機能が充実しています。ほかにも、夏場に快適に使えるメッシュシートやタイヤをおしゃれに彩るホイールキャップなど、独自のアイデアが盛り込まれています。実際のユーザーからは「小回りが利く」「スリムで置き場所に困らない」と高く評価されています。

アップリカは、コンビと並ぶ国内人気のベビー用品メーカーです。アップリカのベビーカーにそのまま取り付けできる抱っこ紐など、育児の負担が軽くなる便利な機能にこだわったベビー用品を数多く展開しています。

正直、ホームページがあっさりしすぎていて、コンビやアップリカと比べこれといった違いは見つかりませんでした(笑)機能面ではないですが、55,000円(税込)は今回の比較対象の中ではリーズナブルといえるのではないでしょうか。あとは見た目がスタイリッシュです。

ベビーカー選びの際によく比較される「コンビ」と「アップリカ」ですが、どのような違いがあるのか気になる人も多いのではないでしょうか?

-ランジェリー
-, ,