ランジェリー

カルナクリン メニエール

カルナクリン メニエール

感冒後、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎に伴って起きることが多く、鼻の炎症を抗生剤やカルボシステイン、抗ヒスタミン薬などで改善させた後に、ステロイド薬の点鼻や当帰芍薬散、人参養栄湯、加味帰脾湯などの漢方薬により治療を行います。

次の疾患における末梢循環障害の改善/高血圧症,メニエール症候群,閉塞性血栓血管炎(ビュルガー病)。次の症状の改善/更年期障害,網脈絡膜の循環障害。

メニエール病や遅発性内リンパ水腫では、めまいを繰り返すうちに前庭(バランス)が悪化していきます。両側のメニエール病の場合には、両側の前庭が悪化するためふらつきを強く感じる事があります。しかし、歩行や運動でバランスを取り直す能力を高めることができます。転倒したときに怪我をしないような場所で積極的に身体を動かしましょう。

-ランジェリー
-,