ランジェリー

1食あたりカルニチンを1g配合

カルニチンは少量ですが 体内でも作られます

カルニチンは少量ですが、体内でも作られます。カルニチンの生成の際には、肝臓でビタミンB6・鉄分などが消費されます。

L-カルニチンのほか、コエンザイムQ10・BCAA・ブラックジンジャー・αリポ酸などを配合しています。また、GMP認定工場で厳選された、材料をもとに製造。仕事中や家事・育児などすべての生活シーンが働きモードに変わり、実感しやすい体づくりをサポートします。

取り込まない!燃やす!理想的なダイエットをサポートピュアファイバーカルニチンプラスは、一日摂取量に制限のない新食物繊維「αシクロデキストリン(環状オリゴ糖)」に、燃焼系アミノ酸と言われる「カルニチン」をプラスし、ブルーベリー味で食べやすくしたダイエットサプリです。カリッと3粒噛んで食べるだけで自然に食事のコントロールができる上、加齢とともに減少する「カルニチン」の補給でエネルギー代謝をサポートします。簡単で効率のよいダイエットをしたい方におすすめです。*規則正しい食生活と適度な運動も大切です。

L-カルニチンに加えて、トウガラシに含まれる辛味成分であるカプサイシンを配合。1日摂取目安は3粒で、30日分の90粒が入っています。スポーツを楽しむ人におすすめです。

今回はL-カルニチンというアミノ酸について解説していきたいと思います。

アミノ酸の一種リジンが体内で変化した物質であるL-カルニチンを配合。日々の生活や食事内容によって不足しがちになる成分を簡単に補えますよ。美容トラブルが気になる人や、運動不足が続いている人、ダイエット中の人にぴったりです。

1食あたりカルニチンを1g配合。燃焼系を目指す人におすすめのサプリです。また、カルニチンは体づくりまたは維持に必要なタンパク質中に含まれるアミノ酸の一種なので、肉食を避けたいビーガン・ベジタリアンの人にも適しています。

最近は、カルニチンを配合したダイエット用サプリなども数多く販売されています。さまざまな種類があるため、ニーズや飲みやすさなどを考えながら選んでみてください。

L-カルニチンは、主に牛・豚・鶏といった肉類のほか、アサリ・牡蠣などの貝類に多く含まれています。しかし、食べ物だけでは補いきれないことも。サプリを摂取すれば、足りないL-カルニチンを手軽に補えるのがうれしいポイントです。

ちなみに、日本ではL-カルニチンの目安摂取量は定められていません。ただし、1日の摂取目安量の上限は各国にならって1,000mgとされています。

おすすめなのは羊肉です。羊肉は、肉類の中でもカルニチン含有量トップクラスを誇ります。

L-カルニチンを、1日摂取目安である1粒に500mg配合。そのほかに、炭酸カルシウム・植物繊維・ステアリン酸・ステアリン酸マグネシウムなどを含んでいます。ダイエットを始めた人や、体型キープを目指したい人におすすめです。

十分なカルニチンを生成するためにも、原料のビタミンB6などは十分に補給しておきましょう。

1回の摂取目安量4粒あたりに、L-カルニチン500mgとCLA800mgを配合。日々のトレーニングに取り入れることで、効率のよいボディメイクをサポートします。手軽に飲めるソフトカプセルタイプで、人工着色料や香料は不使用です。

アミノ酸の一種で余分なエネルギーの働きに関わる、L-カルニチンを1粒あたり140.01mg配合したサプリメント。摂取することで、日常を燃焼系に変える作用があります。年齢と共にダイエットしづらくなっている人や、スポーツされる人の運動サポート成分としてもおすすめです。

-ランジェリー
-,