ランジェリー

体内でカルニチンが不足すると 以下のような症状がみられます

L-カルニチンは 食べ物に含まれており 体内で利用されています

体内でカルニチンが不足すると、以下のような症状がみられます。

一部の研究によると腸内細菌がカルニチンを代謝する際、心血管系疾患のリスクを増加させる可能性のあるトリメチルアミン‐N‐オキシド(TMAO)を形成する[24]。この現象はビーガンやベジタリアンの人よりも肉食の人に顕著に見られる。これらの研究結果の意味するところは十分に理解されておらず、さらなる研究が必要である。

近年、注目を集めているのは、「L-カルニチン」と呼ばれる成分です。実は、カルニチンには「L-カルニチン」と「D-カルニチン」という2種類があります。L-カルニチンは、食べ物に含まれており、体内で利用されています。ですがD-カルニチンは、L-カルニチンの働きを阻害すると考えられているのです。
L-カルニチンはアミノ酸の一種であり、人体のほぼすべての細胞に存在しています。脂肪を燃料にエネルギーをつくり出す働きがあるため、「脂肪を燃やす成分」として注目を集めているのです。
私たちは、カルニチン必要量のおよそ75%を食事から補給し、残りの25%は体内で合成しています。 体内のカルニチンの多くは筋肉に蓄えられますが、生合成量は20代をピークにして、加齢により減っていくのです。
そのため、筋肉量が少ない子どもや女性・高齢者は、カルニチンが不足しやすいといわれています。食品でしっかりと補給しましょう。

L-カルニチン、アセチルL-カルニチン、プロピオニルL-カルニチンは、サプリメントとして処方箋なしで購入することができる。カルニチンは、しばしば減量の補助、運動能力の改善、幸福感を高めるのに役立つとして宣伝されている[2]。さらに米国食品医薬品局(Food and Drug Administration:FDA)より承認されており、原発性および2次性カルニチン欠乏症の治療に使用されている。

カルニチンは、尿路感染症の長期予防に使用されるピバンピシリンなどのピバリン酸抱合を受けた抗菌薬と相互作用を示す[51]。これらの抗菌薬の長期投与は、ピバロイルカルニチンの排出が増加し、カルニチン欠乏状態になる。しかし、脂肪酸酸化を制限されるほど組織内のカルニチン濃度が著しく低下する可能性があるものの、カルニチン欠乏による疾患の症例は報告されていない[1,6]。

塩野義製薬は、胃腸機能を調整するカルニチン塩化物と5種類の健胃生薬が弱った胃の働きを高め、消化酵素や制酸成分も配合した総合胃腸薬「シオノギ胃腸薬K細粒」(第2類医薬品)を新発売した。同社では、OTC胃腸薬カテゴリーとして、健胃生薬や消化酵素剤等を配合した「シオノギS胃腸薬」などをラインナップしているが、現代人に多い様々な胃腸の不快症状に効果を発揮する新製品を、今後は総合胃腸薬の中心製品と位置づける。このほか、昨年10月に発売した女性向けミニドリンク剤「キュアモリ」(指定医薬部外品)について、まとめ買いしやすい10本箱入りも新発売した。

フェノバルピタール、バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピンなどによる抗けいれん薬による治療を行った場合、カルニチン血中濃度が著しく減少する可能性がある[52-54]。また、バルプロ酸の使用により、ほかの抗けいれん薬の有無にかかわらず、肝毒性を引き起こし、血漿アンモニア濃度が上昇し、脳症に至るおそれがある。この毒性は、バルプロ酸の急激な過剰投与によって生じる可能性もある。L-カルニチンの投与は、小児および成人でバルプロ酸毒性の治療に有効な可能性があるが、最適なレジメンは特定されていない。

-ランジェリー
-,