ランジェリー

メティスの本社はアテナベスト同様 香港にあります

しかもメティスでは 選べるファンド数が異常なほど少ないです

しかもメティスでは、選べるファンド数が異常なほど少ないです。10ほどのファンドからしか投資先を選べません。

またメティス グローバル リミテッド (Metis Global Limited)を勧める人の中には、「海外積立投資の中でもメティスの手数料が非常に安い」ことを強調する人がたくさんいます。ただ、これはウソです。手数料の一部しか説明していないからです。

最近、海外投資でアテナベストのメティス(Metis Grobal Limited)のSMRAT-Ⅱという商品に加入する人が増えてきています。

メティス グローバルへ投資するとき、インテリジェンスやスマート2などの金融商品で契約することになります。インテリジェンスは香港にあるメティスの商品であり、スマート2はクック諸島にある子会社(メティスCI)が出している金融商品です。

メティスが扱うSMART-Ⅱ、その他にもインテリジェンス、ブライトといった商品も加入者が増えており、途中で解約する人も増えています。

ただ、メティス グローバル リミテッド (Metis Global Limited)だとファンド数が少ないため、投資先を十分に選べません。これで年利10%以上を目指すのは不可能に近いため、投資成績は必然的に下落するようになります。

メティスの本社はアテナベスト同様、香港にあります。

-ランジェリー
-,