秋になると、日本でもハロウィーンイベントが盛んに開かれるようになりました。
地域ぐるみのハロウィーンイベントなどを行っているところもあって、楽しく盛り上がっています。
レストランやパン屋さん、お菓子屋さんでも、ハロウィーンならではのメニューを考えて販売してくれますよね。
居酒屋やバーでも、ハロウィーンの仮装をして訪問するとお酒を一杯サービスなんていう企画をサービスしているところがありました。
都会の大きな街路では、ハロウィーンの仮装行列を毎年行っています。
仮装してきた子どもにお菓子をプレゼントしてくれるお店も増えてきて、楽しみにしている子どもがたくさんいます。
子どもの頃にはハロウィーンは憧れの欧米のお祭りだっただけの人も、いまやハロウィーンを知らなかった日本を知らない子どもが増えて、当たり前に親子で楽しめるようになったのです。
仮装をしない人でも、ハロウィーンのスイーツを味わうのに凝っているということがあるのではないでしょうか。
ハロウィーンが始まったのはアイルランドですが、日本と違って国民的な休日になるほどハロウィーンが大事にされています。
欧米にはクリスマス休暇というお休みの週間がありますが、ハロウィーン休暇といって10月末から11月初めまで会社も学校もお休みになることがあるほどなのです。
さすがは宗教行事だけあって、本場は違いますね。