日本でもハロウィーンイベントが盛んになったとはいえ、家庭でハロウィーンメニューを楽しむほどにはなっていないかもしれませんね。
この時期、レストランやお店では、カボチャを使ったいろいろなメニューが登場します。
おうちでも工夫して楽しめますから、ハロウィーンに試してみてはいかがでしょうか。
仮装パーティーを楽しむときのお料理として出しても、盛り上がること請け合いです。
ハロウィーン発祥の地であるケルトの国アイルランドでは、コルキャノンという料理がハロウィーンの定番として親しまれています。
キャベツとじゃがいもを牛乳で煮込んだ料理で、真似して簡単に作れそうです。
もともと貧しい国だったアイルランドでは、コルキャノンのような素朴なメニューを食べることしかできませんでした。
でも、シンプルな材料と作り方なのに、クリームシチューのようで美味しいんですよ。
ハロウィーンの日、欧米ではお料理の中にコインをしのばせておきます。
見つけると自分のお小遣いとしてもらえるので、子ども達は大喜びです。
デザートメニューでは、バーンブラックというフルーツケーキを食べるのが、ハロウィーンのお決まりです。
やはりケーキの中に小物やコインを入れて、中に入っているものを発見することで盛り上がります。
今ではもっと凝ったお楽しみがいくらでもありますが、こんなちょっとした楽しみが一年の大きな喜びだったのですね。