欧米でも、今や宗教を問わずにハロウィーンイベントを楽しむ人達が多くなってきました。
商業施設では売上アップを狙って早めのディスプレイをすることもありますが、一般家庭でも早いうちからハロウィーンの飾りつけを始める場合があります。
とはいえ、大体一ヶ月前くらいから飾り始めるのが主流ですね。
ハロウィーンの仮装を一年前から構想し始める人もいますが、仮装は当日近辺でないと恥ずかしいもの。
その点、グッズをディスプレイする程度なら、ちょっと早めでも誰からも指をさされません。
ハロウィーンの定番グッズといえば、ジャック・オ・ランタンです。
顔がくり抜かれたオレンジ色のカボチャといえば、ピンときますよね。
自宅でも作れますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
作り方は、三角形の目とギザギザの口をくり抜いて、カボチャの中身も取ってしまえば出来上がりです。
中身をくり抜くのは大変ですが、力のある人に頼んでみてもよいでしょう。
中身を抜いておかないと、実がくさってきてしまうので注意してください。
生のカボチャをくり抜かないまでも、ハロウィーングッズは巷でいろいろ発売されています。
自分なりに買い集めて、おうちの中や外を飾ってみると楽しいですよ。
それと同時に、ハロウィーンイベントでの仮装に用いる衣装も忘れず準備しておきましょう。