日本では、クリスマスもハロウィーンも本来の宗教行事とは一線を画してお祝いする人がたくさんいます。
しかし、キリスト教の信者の間では、きちんとした決まりごとを前提にハロウィーンやクリスマスを祝います。
欧米でのクリスマスは11月の感謝祭が終わってから飾りつけが始まるものですが、ハロウィーンの場合はいつから飾りつけをするのが正しいのでしょうか。
季節ごとのイベントが楽しいディズニーランドなどでは、夏休みのイベントが終了したと同時にハロウィーンのイベントが開催されます。
それはちょっと早すぎるかなと思っても、楽しい気分になりたいなと思ったら早めに準備するのもいけないことではありません。
暑いうちにはまだ気分が盛り上がりませんが、少し北風が吹いてきたかな、木々の葉が色づいてきたかなという頃には、チャンスがやってきたと思ってよいのではないでしょうか。
社会的には、経済が低下しているときほど早めにハロウィーンイベントを盛り上げようとする動きがあります。
欧米では大人もハロウィーンの仮装をして大騒ぎするチャンスと、多くの人がお金を使います。
子どもにお菓子をねだられてもあげないようでは、ケチで意地悪な人という定評がついてしまいますから、わが子がいない人でも近所や知人、親戚の子のためにお菓子を買って準備しなければなりません。
商店などでは、正にかきいれ時がハロウィーンにはやってくるのです。
今年は、ちょっと早めに準備をスタートして楽しんでみるのもいいものですよ。