日本でも、9月も半ばになるとハロウィーンイベントの準備が目立つようになりました。
オレンジ色のカボチャを模したインテリアグッズやディスプレイが、街中を彩ります。
普段見慣れた景色も、このときはカラフルで目を惹く飾りが増え、気分を盛り立ててくれませんか?
店先に、大きなカボチャをくり抜いて目鼻口を付け、ランタンのように灯しているところもありますよね。
あのカボチャには、きちんとした意味があるのです。
ハロウィーンは魔物や悪霊が蘇る日ですが、精霊がやってくるときでもあります。
悪霊は暗闇の中でも平気で活動できますが、精霊はランタンの灯りを頼りに人間世界にやってくるのです。
魔物を寄せ付けず、精霊に来てもらうためにも、カボチャのランタンは欠かせないアイテムなのですよ。
ハロウィーン発祥の地ケルト圏の国では、闇夜を照らすランタンに野菜のカブが使われていたそうです。
顔がくり抜かれたカボチャのジャック・オ・ランタンは、もともとアイルランドの伝説的人物。
天国と地獄をさまよわなければならないほど悪さを繰り返した彼は、悪霊達のように暗闇の中でも目がきくわけではないので、カブのランタンを灯して彷徨するようになりました。
これがアメリカにハロウィーンの行事として伝わった過程で、いつの間にやらカボチャへと変身したのです。
カボチャは収穫を象徴し、ちょうど秋から冬にかけてとれることも関係しているのかもしれませんね。