ハロウィーンでは、モンスターに仮装した子ども達が近所を練り歩きます。
近隣の民家や商店を訪ねては、「トリック・オア・トリート!」と叫ぶのがお決まりです。
これ何を意味しているかというと、「お菓子をくれる?それとも、いたずらしちゃおうか?」という決まり文句なのです。
どこのお宅でもこのときのためにお菓子を用意していて、「お菓子をあげるからいたずらしないで」と子ども達にふるまいます。
だからハロウィーン用のお菓子は、欧米では日本の比ではなく一斉に発売されています。
子どもというのは神聖な存在ですから、昔はハロウィーンの日によみがえったお化け達が子どもに乗り移るのではないかと恐れられていました。
悪霊を払うという意味も、このイベントは意味深いものなのです。
ちょっと日本のお盆にも似ていますが、ハロウィーンでは主に悪霊が蘇るのが違います。
ハロウィーンでお菓子を配るのも、ケルト民族の風習に由来しているようです。
冬が近づくと、日の当たる時間が短くなってきますよね。
夕暮れが早くなり、魔物が闊歩する時間が増えてしまうため、これを鎮めるためにお供えをしていたのだとか。
これがふるまい菓子に発展したのですが、今では盛大なお祭りとしてパーティーを開いたりお菓子を持って集まったりという楽しみ方も増えてきています。
昔のハロウィーンとはかなり変わってきて、今後もますますにぎやかなイベントになりそうです。