ハロウィーンが日本でこんなに根付くなんて、数年前には誰もが思わなかったでしょう。
なぜなら、ハロウィーンはもともと西洋のお祭りだからです。
今ではキリスト教の行事として知られていますが、その前はケルト民族の宗教行事だったのです。
日本でいうところのお盆にあたるハロウィーンは、死者や魔物が蘇る日といわれています。
だから、子ども達はお化けに扮装して「ごちそうしないと、いたずらしちゃうよ!」とお菓子をねだって回るのです。
このハロウィーンの仮装やお菓子をふるまう側面が強調されて到来したのが、日本のハロウィーンイベントです。
時期が近づくと、独特のハロウィーンカラーが街中にあふれるようになってにぎやかですよね。
欧米では子どもだけでなく大人の仮装も過熱しますが、日本でも親子でコスプレを楽しむ人達が増えています。
友達同士や恋人同士で扮装するのも、思い出になって楽しいですよ。
ハロウィーンは、毎年10月31日にやってきます。
翌日の11月1日は、万聖節という諸聖人に感謝を捧げる記念日です。
ハロウィーンはその前夜祭として、たった一日のお祭りをお化け達が楽しむ日といえます。
ハロウィーンといえばカボチャですが、なぜカボチャがモチーフになっているのかはケルト民族であるアイルランドに伝わるエピソードが関係しています。
あのカボチャのおばけはジャック・オ・ランタンと呼ばれていますが、それはもともとアイルランドにいた人間の名前だったのです。
彼は人間世界からも天国からも地獄からもあまりの素行の悪さに追い出されてしまったため、死後に彷徨い人となったそうです。
彼の足元を照らしたのがカブをくりぬいて作ったランタンだったため、それがアメリカにも伝わってカボチャになったというわけです。