ランジェリーにも似合う・似合わないがあります。
海外のランジェリーは、日本人には合わないことが多いです。
体型が違うためです。
欧米人のようなグラマラスな体型の方は、日本人にはほとんどいないのです。
日本製のランジェリーにも、やはり相性はあります。
服装にも共通しますが、色との相性があるのです。
本来であれば、人に見せる下着ではありませんから、色はどうでもよいと考えるかもしれません。
しかし、見えないからこそこだわりたいアイテムでもあるのです。
色には効果があるというのは、なんとなく分かるはずです。
ランジェリーの色によって、肌がくすんで見えたり、体が大きくなったりするように錯覚するものがあります。
着用してみて、しっくりこないランジェリーはおすすめできません。
一般的に膨張して見えるのはホワイトで、引き締まって見えるのはブラックになります。
どのタイプを選べばよいのか分からない方は、プロのアドバイスを受けるのがよいでしょう。
ランジェリーショップには専門家がいることがあり、色に関する知識を提供してくれます。
「色彩検定」の資格を有している方のアドバイスは的確なものです。
中立的な立場からアドバイスをしてくれます。
所有しているランジェリーは、すべて着こなしたいものです。
ただケースに保管しているだけでは、宝の持ちぐされになってしまいます。
ローテーションで使っていくようにしたいものです。
そして、古くなったり、傷んだりしたランジェリーは処分するようにしましょう。