ランジェリーは手入れをきちんと行うことで長持ちさせることができます。
繊細な生地でできていますから、手入れを怠ると急激に劣化するのです。
おすすめの洗い方は、手洗いです。
湯温は30度くらいがよいです。
刺激の弱い中性洗剤を使用して押し洗いします。
押して汚れを浮き上がらせるイメージで洗ってください。
ねじる・もむなどの力を加えると、ランジェリーの繊維を傷めてしまうので注意が必要です。
しっかりと洗ったら、すすぎも完璧に行なってください。
その後は干して乾燥させます。
洗濯機で洗うのは好ましくありませんが、手洗いをしている時間がない人もいるでしょう。
そんなときは、洗濯用ネットに入れて洗うようにします。
ほかのランジェリーとは混同しないようにしましょう。
ファスナーやホックなどと干渉しないようにしてください。
洗濯機の「手洗いコース」を利用するのが最適ですが、ない場合は速やかに洗浄・脱水まで行うようにします。
あまり時間をかけて洗うのは好ましくありません。
ランジェリーを干すときは、風通しのよい場所で陰干しするようにします。
直射日光を当てるのは避けたいものです。
変色してしまう可能性があります。
収納するときは、専用のランジェリー収納ケースを使いたいものです。
余裕のあるケースのなかに収納しましょう。
無理に詰めるように収納すると、形が悪くなってしまうので注意が必要です。
収納ケースは携帯できるタイプもあります。
外出先で収納するときに便利なアイテムです。