ランジェリーにもさまざまな種類があります。
市場に出回っている商品のほかに、インポートランジェリーもあります。
こちらは、外国から輸入しているランジェリーのことです。
日本製ではなく、外国ブランドの商品のことです。
日本ブランドのランジェリーを輸入したとしても、インポートという言葉は使いません。
国々によって下着の形状が違うのは、体型の違いが大きく関係しています。
日本人は、もともと小太りの体型が多いと言われてきました。
それゆえ、体型に合わせた衣服を製造してきたのです。
これは、下着に関しても同様です。
しかし、近年の日本人の体型は、以前よりもずっと引き締まってキレイになり、欧米人に近くなっているのです。
その結果、海外ブランドのファッションアイテムの需要が増えたわけです。
インポートランジェリーが流行している理由には、オシャレや好みの問題もあります。
日本の商品に気に入ったデザインがないけど、海外ブランドを含めればピッタリの商品があるかもしれません。
何よりも、海外ブランドも含めることで、選択肢の幅を広めることができるのです。
ファッションとは、オシャレとは切り離せないものです。
本当の意味でオシャレを楽しむならば、海外のファッションを入手したいと考えるのは当然のことかもしれません。
インポートランジェリーは、セクシーなデザインが特徴的です。
海外では露出度の高いビキニも販売されています。
セクシーさを強調するならば、海外ブランドのほうがマッチしているのです。