ランジェリーなどの下着は、しっかりと洗濯することで長持ちさせることができます。
下着は消耗品ではありますが、手入れの仕方によって耐用年数に差が出てくるのです。
通常の衣服と比べて、ランジェリーは繊細な生地でできています。
普段着の衣服・下着などと混ぜて洗濯するのは好ましくありません。
ランジェリーは手洗いで洗うのがベストなのです。
洗濯機では繊維を傷めてしまうのです。
補正下着としての役割があるランジェリーは、非常に繊細です。
スタイルをよく見せるために、緻密な設計がなされているのです。
無理に洗濯機で洗ってしまうと、本来の機能を発揮できなくなってしまうのです。
洗濯機で洗うのは楽ですが、機能を犠牲にしてまで行うものではありません。
インポートランジェリーは高級素材を使用していることが多いです。
繊細な生地なので、手洗いで優しく洗浄したいものです。
手洗いをするときは、「洗濯方法」に着目しましょう。
国産ブランドならば、洗濯方法についての記載があるはずです。
英語表記で分からない場合、または見当たらない場合は、デリケートな衣服用の洗剤を使って洗浄してください。
押し洗いが基本となりますが、力を入れすぎないでソフトに洗い上げるのがコツです。
それから、洗剤を除去するためにすすいでください。
最後はタオルを押し当てて、水気を拭き取ります。
洗濯方法は面倒ですが、丁寧に手入れすることにより、本来のランジェリーの機能を維持し続けることができます。