ランジェリーを着用している方は、日本製を選んでいることが多いようです。
日本人の体型に合っていますし、価格も安いのです。
インポートランジェリーは、外国で製造しているものです。
ランジェリーとは、下着の一種ではありますが、どこかゴージャスでエレガントなイメージがあります。
実際、外国製のランジェリーはこのようなタイプが多いのです。
派手さを強調した作りになっており、ファッションにこだわる方から支持されています。
インポートのランジェリーを着用した方のコメントによると、もう日本製の商品は使えなくなったそうです。
日本製のランジェリーは、どこか地味になっています。
下着の概念に納まっている感じがします。
下着の一種として派生したものですから、当然のことかもしれません。
補正下着としての機能は、インポートのほうが優れています。
ファッション性を追求した作りになっているのです。
着るだけでスタイルを整えてくれるので、スタイルに自信のない女性にこそおすすめです。
また、内面からゴージャス感を体感できるのです。
周囲に見せることはなくても、内側から出るオーラとなって自信を与えてくれます。
上品さを自然とかもし出し、女性らしさを強調してくれるでしょう。
日本製のランジェリーに飽きてしまった方には、ぜひインポートランジェリーをおすすめします。
補正下着としての機能が大きいので、洗濯には注意が必要ですが、きちんと手入れすれば長持ちさせることができます。
ランジェリーには、日本製とインポート(外国製)があります。
両者の違いは、目的や主張なのです。
日本製が下着の一種として機能しているのに対し、インポートでは「美」にこだわった作りになっています。
見た目の派手さだけでなく、補正機能もかねているのです。
補正機能とは、体型を整えてくれるものです。
加齢とともに贅肉はたるんできます。
これは、ダイエットをしても解消できないものです。
たるんだ贅肉を引き締めるには、肌に適度な刺激を与える必要があるのです。
そこで必要となるのが補正機能なのです。
欧米人の体型にあこがれる日本人は多いでしょう。
しかし、日本人は寸胴とも言われるように、スタイルにアクセントがないと言われています。
それゆえ、インポートランジェリーを着用しても似合わないのです。
ただ、昔と比べると状況は変わってきており、インポートランジェリーを購入する日本人女性は増えてきました。
これは、生活習慣の変化などにより、日本人の体型が変わってきたことが要因だと言われています。
欧米人はグラマラスな方が多いです。
初めからスタイルがよい人が多いため、デザインにこだわっている感があります。
日本人がインポートランジェリーを購入する場合、サイズが合わない可能性がある点は考慮しておきましょう。
3サイズしか用意していないことも多いので、体型にマッチするランジェリーが見つかるとは限りません。
細かなサイズに対応しているのは、日本製のランジェリーのほうです。