ここでは、ランジェリーについて2種類ほど紹介していきます。
キャミソールは、スリップのような下着のことで、袖のないショート丈になっております。
肩が見えるような作りになっており、細い肩紐を使用しています。
バストの周辺はふっくらとしており、ブラジャーと似たラインとなっています。
インナーウェア、アウターウェアの2種類に大別でき、ランジェリーに分類されるのはインナーウェアになります。
ツルっとした触感の素材が多く、ポリエステル、ナイロン、キュプラなどがよく使用されています。
スリップは、ランジェリーの代表格とも言えるものです。
肌と洋服の中間に位置する下着であり、地肌と衣服の摩擦を防止する機能があります。
洋服のラインをキレイにしてくれる機能もあります。
スリップを着用するだけで、スタイルがよく見えるようになります。
スタンダードタイプ、タイトタイプ、フレアータイプなどがあり、スカートのタイプによって使い分けるのが一般的です。
ランジェリーのスリップを上半身に分けたものがキャミソール、下半身に分けたものがペチコートです。
ランジェリーのなかでは、キャミソールやペチコートを愛用する方が多いです。
使用感がよいのが理由です。
ワンピースやスカートスーツを着用する場合は、スリップを選択する方が目立ちます。
ランジェリーは衣服によってタイプを選ぶようにしましょう。
補正下着としての役割が強いので、着用後のスタイルを考慮して選ぶ必要があります。