12月に入るととたんに、街中がクリスマス一色になりますよね。
どこからともなく、クリスマスソングが流れたり、ウインドショップには、サンタクロースのコスプレをしたマネキンやキャラクターにサンタの衣装を着用させている飲食店もあります。
ショップのスタッフの制服がすべてサンタクロースのコスプレに変身するところもありますよね。
クリスマスは、子供に限らす、大人の社会でも心がワクワクしてしまう楽しい数日間なのです。
不思議な力を持っているクリスマスですが、サンタクロースのコスプレを楽しむ人も多いですが、実際にサンタクロースになってみてはいかがでしょうか。
そんなことをいうと、馬鹿にされてしまいますが、現在サンタクロースが住んでいると言われているグリーンランドには、国際サンタクロース協会というものがあり、そこに手続きをするとサンタクロースとして公認されるのです。
時期によっては、グリーンランド以外の場所で、サンタクロースを募集しているようですが、日本人の中にもサンタクロースの公認をもらっている本物のサンタクロースが存在しているのです。
コスプレだけの話ではなく、本当にサンタクロースになれる時代になっているのです。
ただ誰でもサンタクロースに公認されるのではなく、まず色々な条件をクリアする必要があります。
例えば、結婚んしている人で、お子さんがいること。
次に以前にサンタクロースのお仕事もしくは活動をした経験がある人、120kg以上の体型をしている人などの条件があります。
なんだかサンタクロースのイメージってどうしても巨体といったものなのでしょうね。
痩せている人で、どうしてもサンタクロースになりたいのであれば、先ず体重を増やす必要がありますよね。
デンマークコペンハーゲンでは、サンタクロースになるための試験が開催されており、自宅から会場に行くまでは、サンタクロースの衣装を着用する必要があるといいます。
衣装は、特別決まりはなく、各国のサンタクロースの衣装でも特に問題はないようです。
試験内容は、サンタクロースとして適正であるか、体力テストと朗読、面接がありますが、長老のサンタクロースと面接を行うようですが、本物のサンタクロースに会えるチャンスでもありますよね。
コスプレだけで満足せず、本物のサンタクロースになりたい人は詳しい内容を調べてみるといいでしょう。