婦人警官の制服やナース服、制服や秘書等様々なコスチュームを着て楽しむコスプレという言葉がありますが、そもそもこのコスプレとはどうやって誕生したのでしょうか。
欧米では、このコスプレという言葉は古くから存在するようで、時代にあった衣装を身にまといそれぞれの文化を楽しんだり、時代劇そのものを表現する言葉として利用されていたようです。
そのようなことからも日本でも衣装稽古という呼び方が元々も使い方で、舞台演劇用語として使用されていたようです。
今ではさまざまな楽しみ方ができるコスプレですが、コスチュームプレイという言葉で使用されています。
ただしコスチュームプレイは、コスチュームという言い方でも利用されますし、プレイという言葉としても利用され、単体で使われている言葉を組み合わせていることからも和製英語であることが分かります。
欧米では、マスカレードパーティーという言葉で利用さているコスチュームプレイは、時代とともにそのような言葉自体が使用されなくなり、コスプレという簡単な単語使われています。
本来は正式な儀式の一つの衣装や舞台稽古着として神聖な道具として利用されていたのですが、今では、アニメのキャラクーや映画ヒーローを真似た衣装など多種多様に変化しています。
さらに進化したコスプレは、芸術も言えるようなデザインやカラフルな衣装などで身をまとい多くの人に見せ合う事で楽しみの場を広げているような方もいます。
子どもから大人まで幅広く楽しめるような衣装も数多く誕生しているのが現状です。
本来の意味からはものすごく離れた形にはなっていますが、多くの人がそれぞれの楽しみ方を見つける事ができているコスプレは
さらに進化すると思います。