アニメや漫画のキラクター姿、メイドや白衣などの特別な衣装を着けて楽しむのが、コスプレです。
コスチュームプレイを略した、日本語独特の表現です。
イベント会場などでのルールは別として、基本的には自由に扮装して楽しめば良い趣味です。
そんな自由さが、コスプレファンを増やしている理由のひとつかもしれませんね。
日本のアニメや漫画が海外で高い評価を受けているように、コスプレに扮するキャラクターには非常に多くの種類があります。
何に扮するのも自由で、どうやって衣装を用意するかもフリーです。
自作しても良いですし、既製品にアレンジしたり、オーダーメイドでコスチュームを用意する人もいます。
衣装を用意するときには、小道具を用いるのも忘れないようにしましょう。
小道具一つで、すっかりキャラクターになれることもあります。
ウィッグも欠かせない要素で、ウィッグがあるのとないのとでは別人になってしまうこともあるのです。
コスプレを始めるときに用意しておきたいのは、キャリーカートです。
コスプレイベントのときには、会場外からコスプレをしての入場や退場が認められていないことが多いのです。
衣装をキャリーカートに入れてコロコロ引っ張っている人の姿、見かけたことがありませんか?
必須のアイテムですから、用意しておきましょう。
その他、コミュニケーションにおけるマナーは非常に大切です。
写真の撮影なども、コスプレイヤーによっては有料の場合があります。
憧れのキャラクターに見事に扮している人がいても、無断で写真撮影するようなことは止めておきましょう。