コスプレイベントでは非日常的なキャラクターになれることで興奮してしまうのか、ついつい浮かれ過ぎてしまう人もいるようです。
憧れのキャラクターに扮しても、守るべきルールはしっかり守れるように、大人のふるまいは忘れないようにしましょう。
特に注意したいのは、他人へのふるまいも去ることながら自分の体調管理をすることです。
キャラクターコスチュームの中には、脱ぎ着が不自由なものもあります。
すると、トイレに行くのもままならないということもあるでしょう。
イベント会場でコスチュームに着替える前に、トイレに行っておくという方法もあります。
イベントの時間がほんの数時間なら、楽しんでいる間はトイレを我慢するのも可能かもしれません。
でも、限界が来て倒れてしまうようなことがあったら、周囲にも迷惑をかけてしまう可能性があります。
そんなことを配慮して、気合が入っているコスプレーヤーの中にはオムツを着用する人もいるそうです。
オムツ着用を推奨するわけではありませんが、体調管理を心がけてまわりに迷惑をかけないようにすることも大事です。
イベント会場の中には、空調設備が不十分なところもあります。
普段とは違うコスチュームに身を包んでいると、熱中症になってしまう人もいます。
夏のコミケはヒートアップ現象がすごいといわれているように、暑さ寒さ対策は気を付けておいたほうがよいようです。
他にも、靴は履き慣らしておくなどして、長時間の回遊に耐えられるようにしておくこともポイントです。
自分のコスプレが楽にしていられる扮装か、事前にチェックしておくのもいいですね。