200人の現役コスプレイヤーにアンケート調査したところ、コスチュームを自作する人の割合が54%に達したそうです。
因みに、市販品を購入するのみの人は12%、自作と購入を組み合わせている人が34%という結果が出ました。
自作と購入両方活用派は、作れそうなら自作して、難しそうなら購入しているようです。
中には、市販品をアレンジして、オリジナルに仕立てるという人もいます。
全てを自作して、プロ級のコスチュームを制作している人は、わずかなのです。
お金もかかりますし、手間もかかるというわけで、誰もが出切ることではないのでしょう。
コスプレの衣装には、大体一万円前後の予算が必要になるそうです。
コスプレイヤーとしてキャリアの長い人になると、10点以上タンスに入りきらないほどの衣装を持っている人も多いといいます。
5点未満しかコスチュームを持っていないという人は、全体の一割程度。
凝り始めると、たくさんのコスプレ衣装が集まってしまうものなのでしょうね。
コスプレに慣れた人は、常に流行りのキャラクターに扮することに楽しみを見出しているようです。
特定のキャラクターのみに固執するというよりは、イベントごとにキャラクターを変えて扮するのが楽しみなのですね。
コスプレイヤー同士で衣装を貸しあうことも、よく行われているようです。
イベントやSNSなどで出会ったコスプレ仲間とは、すぐに打ち解けてしまうそう。
コスプレは、現代のコミュニケーションの一つとしてますます発展しそうですね。